チャレンジアイランドとは、ガスなし、水道なし、電気なし、あるのは豊かな自然と

「10の掟」だけという無人島に渡り、1日中「自由」に過ごすというプログラムです。

子どもたちに与えられた自由な生活には、楽しいだけでない過酷な現実が待っています。
それは「生きる」ということ。

子どもたちは、生きるための営みを毎日繰り返すうちに、自然の恩恵や仲間のありがたさ、
そして命の尊さを実感していきます。

私たちは、このプログラムを通して自分を振り返り、「当たり前」と思っていることのありがたさや、

「生きる」ということを正面から向きあうきっかけとなればと思っています。

 

チャレンジアイランド 10の掟

  1. 島には電気・ガス・水道はない。
  2. 島に持ち込む食料は米、調味料のみ。
  3. 水は各チームが働きによって手に入れた「オーシャン(※1)」によって入手可能。
  4. 火は火打石と火打ち金を使用する。
  5. 採った食料、作った食事は残すべからず。作り置き、弁当は許されない。
  6. 無人島では絶対に1人で行動しない。海に入る時は「ガード(※2)」の前でのみ入水。
  7. 1日の過ごし方は自由、時計も不要。ただし、必ず3食食べること。
  8. 緊急用食料として鶏が同行する。最終日まで食さなかった場合は全員参加の「イノチの話合い(※3)」で鶏をどうするか決める。
  9. 夜は「カタライの壷(※4)」に想いをしたためる。
  10. リタイア以外、最終日まで帰ることはできない。最終日まで生き続けた者は「オーシャントロフィー(※5)」を手に入れる。

 

※1 無人島内で通用する通貨。オーシャンの基準は、自分や仲間が生きるために行った行為に対して評価される。

※2 チーム全員が同時に入水することは許されない。
18歳以上の者が必ず一人以上ガードとして陸上から入水者を監視することを厳守する。

※3 6日目の朝食後に鶏が存命の場合、チャレンジャー全員一致を原則に鶏を食するかどうかを決定する。

※4 毎夜、浜で行われる「カタライの刻」、その日起こった出来事、感じた事を「カタライの壷」に仲間の見守る中、納める。

※5 最終日までこの掟を守り通したチャレンジャーには、チャレンジの証であるオーシャントロフィーが与えられる。

 

どんな人と一緒に生活を共にするの?

staff_eno.png

榎本英樹(えのちゃん)

無人島一週間自給自足生活や兵庫県徒歩縦断など、身近な環境のなかでの冒険教育にこだわり、様々なプログラムをプロデュースする。自ら参加者と共にチャレンジするスタンスから、参加者だけでなく保護者からの信頼も厚い。障がい児の体験教育プログラム開発にも精力的に取り組んでいる。

staff_teto.png

河邉遥子(てと)

青少年団体にてキャンプ場の管理と企画運営、それに関わるボランティアリーダーの育成に従事する。2013年、兵庫県徒歩縦断「チャレンジウォーク」のプログラム展開に魅了され、その後様々な企画運営に関わる。現在は、これまでの経験を活かし幼児キャンプから冒険プログラムなど幅広く行ない、人と関わることの楽しさや自然のおもしろさを伝える活動を行っている。

 

ボランティアスタッフ

事前研修に参加したボランティアスタッフ(概ね18歳以上の若者)が同行し、安全管理につとめることはもちろん、チャレンジャーの一員として生活を共にします。

 

<実施記録>

2007年 企画スタート

2008年 第2回実施

2009年 第3回実施

第9回トム・ソーヤスクール企画コンテスト 優秀賞受賞

2010年 第4回実施

2011年 第5回実施

2012年 第6回実施

関西テレビ「ニュースアンカー」にて放送

2013年 第7回実施

2014年 第8回実施

MBS毎日放送「VOICE(ヴォイス)」・TBS「Nスタ」 密着取材を放送

2015年 第9回実施

読売テレビ 朝生ワイド す・またん ZIP にて放送

2016年 第10回実施

2017年 第11回実施

2018年 第12回実施

<主催>

特定非営利活動法人 生涯学習サポート兵庫

<協力>

特定非営利活動法人 神戸ライフセービングクラブ
兵庫県立いえしま自然体験センター

 

チャレンジアイランド『気になるQ&A』

チャレンジアイランドのプログラムに関する疑問、松島の情報等をQ&A方式で。

Q:荷物を入れるかばんは、どのようなものがいいですか?

⇒A:リュック式のものでも、スポーツバッグでもOK。かばんが2つ以上になることは構いませんが、自分で持てることが必要。尚、キャリーバッグは無人島には適しません。

Q:松島にはお風呂はあるの?

⇒A:お風呂はありません。海で汗を流したり、少量の水でぬらしたタオルで体を拭く程度となります。また必要に応じて生涯学習サポート兵庫より持参する、無添加の石鹸シャンプーを利用します。

Q:食事はどうするの?

⇒A:全食自炊。米と調味料以外の食材は、海の恵みに頼ります。釣りややすで魚を捕まえたり、貝の採取を行います。

Q:非常食は必要ですか?

⇒A:必要なし。調理を失敗し、予定より少量しか食べられないといった場面も考えられますが、失敗することによって気づくこともあります。その場合非常食は、失敗に気づくことの妨げになるため。

Q:調味料はどんなものが用意されていますか?

⇒A:塩・こしょう・しょうゆ・みりん・砂糖・料理酒・みそです。

Q:水道がないということですが、水はどうするの?

⇒A:子どもたちの安全を最優先に考えているので、個々で持参する水以外に、水は1日3㍑程度支給できるように準備。ただ無制限に支給するのではなく、生きていくために必要不可欠なものとして大切に扱うように計画し支給します。

Q:釣り道具はどうすればいいの?

⇒A:親子で相談して、必要だと思えば持参。ベラ・がしら・アイナメ・キスなどが釣れるので、仕掛けを用意する時は、参考に。エサは島内の貝を使用します。疑似餌の使用は可能です。

Q:やすの使用をしたことがないですが、使い方は教えてもらえますか?

⇒A:非常に危険な道具であるため、無人島に到着してから使い方の指導を行います。その指導を受けた人は、使用できます。

Q:ノコギリや鉈(なた)は持参してもいいですか?

⇒A:必要ありません。

Q:あれば便利グッズを教えてください!

⇒A:釣り道具・やす(持ち手が竹や木製がオススメ)、マイナスドライバー(貝の採取時に役立つ)、 魚を入れる網など。

Q:うちの子泳げないんだけど…(泳力について)

⇒A:子どもがまったく泳げなくても、チャレンジアイランドへの参加は可能。対象にもあるようにライフジャケット、浮き輪を使っても良いので25m泳ぐ事ができればOK。海での活動が多いので、泳げない場合は安全のため、ライフジャケットを持参することをおすすめ。また海に入る際は各自で持参した浮き輪にロープをつけて入ります。

Q:足ひれ(フィン)は持って行ってもいいですか?

⇒A:持ってきてもかまいません。ただ初めて使うと、想像以上に足の筋肉に負担がかかり、泳いでいるときに足がつることも。また立ち上がり方がわからない人もいます。必ず練習してから参加することが必要。

Q:カメラは持っていっていいの?

⇒A:活動中の様子は、スタッフが撮影し、後日ホームページ上で掲載。参加者個人で持参してもOKですが、野外での活動なので破損等の可能性があります。また、充電はできません。

Q:時計は持っていっていいの?

⇒A:チャレンジアイランドでは時計をはずして生活するので、必要なし。

Q:蚊がたくさんいるって聞きました…

⇒A:やぶ蚊がたくさん!薄手の長袖・長ズボンで対応する必要があります。虫よけスプレーなどの持参も可能です。但し、蚊取り線香など火を使うものは、無人島では使用できません。またかゆみ止めのぬり薬は、くらげに刺された時にも効果のあるものが便利。

Q:もし台風がきたらどうなるの?

⇒A:安全安否確認のため、いえしま自然体験センターと定期連絡をとり、天気の情報を聞きながら対応。台風が来ることが予想されれば、事前にセンターに避難、あるいはプログラムを中止する場合もあります。

Q:トイレにトイレットペーパーはありますか?

⇒A:トイレットペーパーは使用できます。各グループに配付するので、トイレ内のペーパーがなくなっていれば、気づいたチームが備えつけをします。

Q:各集合場所まで送っていけないんです・・・。

⇒A:まずは事務局までご相談を。ボランティアスタッフと共に、公共交通機関を利用して、一緒に集合場所に向う予定。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

その他のフィード