スタッフについて

榎本秀樹(えのちゃん)

無人島一週間自給自足生活や兵庫県徒歩縦断など、身近な環境の中での冒険教育にこだわり、様々なプログラムをプロデュースする。

自ら参加者と共にチャレンジするスタンスから、参加者だけでなく保護者からの信頼も厚い。
障がい児の体験教育プログラム開発にも精力的に取り組んでいる。

えのちゃんてこんな人(SHOSAPO講師プロフィールに移動します)

 

山崎清治(やまさん)

兵庫県徒歩縦断プログラムや無人島一週間自給自足プログラムなどの教育プログラムをプロデュースする。
そこで関わる若者の社会力低下にも着目し、近年では学生を対象とした社会力育成プログラムも実施している。

やまさんてこんな人(SHOSAPO講師プロフィールに移動します)

 

ボランティアスタッフについて

生涯学習サポート兵庫主催の「ココロザシプロジェクト」参加メンバーを中心とした概ね18歳以上の若者。
「ココロザシプロジェクト」は将来子どもの教育や福祉に関わる仕事をしたいと考えている若者を対象とし、子どもの「やる気」の引き出し方について学んでいます。
チャレンジウォークでは、子どもたちの安全確保につとめることはもちろん、チャレンジャーの一員として子どもたちと生活を共にします。