チャレンジウォークとは

[記事公開日]2017/12/01  [最終更新日]2020/01/08

かわいい子には 旅をさせよ

目標とは何か。挫折とは。仲間とは 。
家でも学校でも教えてくれないことを探す旅にでかけよう。
瀬戸内海から日本海まで歩くその距離150キロ。頼れるものは自分自身と仲間のみ。
1人ひとりの小さな一歩は、やがて大きなゴールへとつながる。

チャレンジウォークとは

チャレンジウォークとは、兵庫県を徒歩で縦断するというプログラムです。
チャレンジャーはリアカーに自分の荷物を詰めて、8日間歩き続け、ひたすらゴールを目指します。

なりたい自分に近づく旅

具体的な目標を設定することは、目指すべきゴールへと近づくみちしるべとなる。夢を夢のまま終わらせない!なりたい自分に近づくための目標設定方法を体得します。

立ち向かえる自分に出会う旅

ゴールを目指す中で何度も訪れる「失敗」のとき。失敗してもあきらめず、もう一度考えて行動する。そんな「立ち向かう」強さを身につけます。

「仲間」の意味に気づく旅

8日間で150㎞。達成すべきゴールはただ一つ。そのゴールに向けて、バラバラに集まった個々が「仲間」にかわる瞬間に出合えます。

チャレンジウォークをする意味って?

ゴールを目指して、ただひたすら歩く・・・そんなシンプルなプログラムには、目に見えない「チカラ」を身につける『しかけ』がたくさん隠れています。チームとして働く力、人と関わる力、聴く力、役割を探す力、目標を達成するための力、失敗を乗り越える力、決断する力・・・すべて点数では表すことができないもの。しかし自分がおかれている社会で本当に必要となる「チカラ」です。この旅で得たチカラを自信とし、新しい自分への気づきとなって、社会への一歩を踏み出してほしいと考えています。